ピンク・フロイドの名イントロ:ベース、アコースティックギター、キーボードのトップ3

ピンク・フロイド(Pink Floyd)は、音楽の歴史に残る数々の名曲を生み出しました。その中でも特に印象的なのが、各楽器が際立つイントロ部分です。今回は、ベース、アコースティックギター、そしてキーボードのイントロで卓越した曲をそれぞれランキング形式で紹介します。

目次

ベースの名イントロ トップ3

1. マネー(Money)

アルバム『狂気(The Dark Side of the Moon)』からの「マネー(Money)」は、ロジャー・ウォーターズ(Roger Waters)の手による特徴的な7/4拍子のベースリフで始まります。このリフは、即座にリスナーの耳を捉え、楽曲の不協和音と商業主義をテーマにしたメッセージを強調しています。

2. ワン・オブ・ジーズ・デイズ(One of These Days)

アルバム『おせっかい(Meddle)』のオープニングを飾る「ワン・オブ・ジーズ・デイズ(One of These Days)」は、ロジャー・ウォーターズとデヴィッド・ギルモア(David Gilmour)がダブルトラックでベースを演奏する、ダイナミックで迫力あるイントロが特徴です。このベースラインは曲全体のエネルギーを導く力強さを持っています。

3. ピッグス(スリー・ディファレント・ワンズ)(Pigs (Three Different Ones))

アルバム『アニマルズ(Animals)』に収録されている「ピッグス(スリー・ディファレント・ワンズ)(Pigs (Three Different Ones))」もまた、ロジャー・ウォーターズのベースラインが印象的なイントロです。ウォーターズの重厚なベースとギルモアのエフェクトが組み合わさり、曲全体の力強いメッセージ性を強調しています。

アコースティックギターの名イントロ トップ3

1. ウィッシュ・ユー・ウェア・ヒア(Wish You Were Here)

アルバム『ウィッシュ・ユー・ウェア・ヒア(Wish You Were Here)』のタイトル曲「ウィッシュ・ユー・ウェア・ヒア(Wish You Were Here)」は、デヴィッド・ギルモアのアコースティックギターのイントロが心に残ります。このイントロは、シンプルながらも深い感情を伝え、リスナーを一瞬で曲の世界に引き込みます。

2. イフ(If)

アルバム『原子心母(Atom Heart Mother)』に収録されている「イフ(If)」は、ロジャー・ウォーターズのアコースティックギターのアルペジオが美しいイントロです。この曲は静かで内省的な雰囲気が漂い、ウォーターズのシンプルなギター演奏がその感情的な基盤を築いています。

3. ギュンマ(The Narrow Way, Part 1)

アルバム『ウマグマ(Ummagumma)』に収録されている「ギュンマ(The Narrow Way, Part 1)」は、デヴィッド・ギルモアの繊細なフィンガーピッキングが光るイントロです。このイントロは、ミステリアスで夢幻的な雰囲気を醸し出し、ギルモアのギタープレイの多様性と技術の高さを示しています。

キーボードの名イントロ トップ3

1. エコーズ(Echoes)

アルバム『おせっかい(Meddle)』の「エコーズ(Echoes)」は、リチャード・ライト(Richard Wright)のエレクトリックピアノのイントロが印象的です。このイントロは深海を思わせるエフェクトと共に、曲全体の壮大なサウンドスケープを築いています。

2. グレイト・ギグ・イン・ザ・スカイ(The Great Gig in the Sky)

アルバム『狂気(The Dark Side of the Moon)』に収録されている「グレイト・ギグ・イン・ザ・スカイ(The Great Gig in the Sky)」は、リチャード・ライトの美しいピアノの演奏とクレア・トリー(Clare Torry)の感情的なボーカルが融合したドラマチックなイントロです。ピアノのイントロは、生と死のテーマを象徴するかのような深い感動を呼び起こします。

3. シー・エムリー・プレイ(See Emily Play)

シングル「シー・エムリー・プレイ(See Emily Play)」は、初期ピンク・フロイドの代表作の一つで、リチャード・ライトのハープシコードのイントロが特徴的です。このサイケデリックな曲は、ライトの独特な鍵盤のサウンドがその雰囲気を一層際立たせています。

まとめ

ピンク・フロイドの楽曲には、各楽器が際立つ名イントロが数多く存在します。ロジャー・ウォーターズのベース、デヴィッド・ギルモアのアコースティックギター、そしてリチャード・ライトのキーボードがそれぞれの楽曲に独特の魅力を与えています。これらのイントロは、ピンク・フロイドの音楽の多様性と深みを感じさせるとともに、彼らの卓越した音楽的才能を示しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

愛知、岐阜、三重の店舗の有益情報を提供しております。

コメントをどうぞ

    目次